« 【なんばん往来】博多あまおう/門司港バナナ | トップページ | グラタンとワインClos(クロ) »

2019年2月 7日 (木)

昭和な人たち

後数ヶ月で、新しい元号となりますね。
新年を迎えると、一端昭和何年か
確認するLocomoです。こんにちは。
 
因みに今年は、昭和94年です。
 
さて、先日結婚式に参列しました。
結婚式はいいですね。
幸せな気持ちになります
 
その中で、プロポーズの話が紹介されました。
なんと新婦様、108本のバラを抱えての
サプライズなプロポーズを受けたそうです。
 
1901しかし、ワタクシのテーブル付近では
「煩悩?」
「何、煩悩?」と
「108って、煩悩?」と
ボンノウ、ボンノウとうるさいこと。
 
そんなワタクシも
「煩悩?」と言った一人ですが。
 
調べてみると
108本の深紅のバラには
「結婚してください」という意味があるそうですね。
 
20代のお客様に聞いたところ
「知ってますよぉ~」と当たり前のようなお答え。
 
しかし、昭和のお客様にお話をすると
98%からは「煩悩?」と返ってきます。
長年お花屋さんをしている友人でさえ
「知らんかった・・・」と申しております。
 
もしワタクシが108本のバラをいただいたとしても
ロマンティックなサプライズは成立しないことになります。
 
結婚式の様子も、過去の経験とは
少し違ってきていました。
 
昭和も大好きでしたが
平成やこの後の時代にも
少しずつスイッチしていかなければ
全く意味が異なってくるのねと
改めて思ったワタクシでした。
 
 
 

|

« 【なんばん往来】博多あまおう/門司港バナナ | トップページ | グラタンとワインClos(クロ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【なんばん往来】博多あまおう/門司港バナナ | トップページ | グラタンとワインClos(クロ) »