« 【九州国立博物館】クリーブランド美術館展 | トップページ | フランス土産 »

2014年9月 1日 (月)

デニムのリペア

Photo眉間と顎に、ぼっこし大きな ニキビ
吹き出物ができたLocomoです。こんにちは。
まるで千昌夫さんです。

さて、もともとダメージ加工をしてあったデニム。
履いているうちに穴をかろうじてふさいでいた糸が切れて
ぼっこり穴がほげた。
(ほげるって北九州(福岡?)の方言らしい・・・)

たかが数本の糸だったのに
穴がほげてしまうと肉の威力って凄い!
太ももからブリリ~と肉がはみ出してしまうのです。
凧糸で縛られた肉の塊の一部のように。

パッチワークデニムがトレンドの昨今ですが
ワタクシには理解不能ですので
ダメージ風にリペアをしてもらいました。
お願いしたのは【ATELIER FLOAT 】。
(残念ながらリペア前の写真が見つからない)

今時のフォルムで、足が入るデニムが1本しかないので
購入したいデニムが見つかるまでは大事にしないと・・・。

デニムの色落ちに合わせた糸
そして、裏地まで補強してくれて、リペア代1080円。

これで、 憎々しい 肉肉しい太ももも
さらさなくて良くなります。


|

« 【九州国立博物館】クリーブランド美術館展 | トップページ | フランス土産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 【九州国立博物館】クリーブランド美術館展 | トップページ | フランス土産 »