« 勝手に、春山考 | トップページ | 明菜ちゃん »

2013年11月 2日 (土)

クラニオパシー・フットケアのご紹介

1311関節が硬いLocomoです。こんにちは。
どうも、捻挫をしたようです。

手首・足首から先は、緻密な動きが出来るように
たくさんの関節や骨から成っていますが
赤いLineのところにリスフラン関節というのがあります。

どうも、この関節をひねるか何かしたようです。
もちろん、軽い捻挫ですので内出血も腫れもありませんが
歩くと痛いので、面倒くさいです。

整骨院の先生に「どうしたのですか?」と聞かれても
「よくわからん」というのがワタクシの答えで
考えられることは、2つ。
1)冬用の靴に替わってきた
2)歩行中につまずいた。でも、しょっちゅう

整骨院での施術中、毎回先生は
「関節が硬いですね~」とおっしゃいますので
うん、知ってる。全身だものと答えます。

その昔酷い捻挫をした時も、整形外科の先生に

・ 進化していない、土踏まずのないベタ足で
・ 非常に疲れやすく、怪我をしやすい

と、ケチョンケチョンに言われ
15歳のワタクシは「ふ~ん、だから何?」でしたが
約30年程経ちますと、筋肉の低下などから
本当に素直に体に現れることに
驚きを隠せませんな。orz

こうやって怪我をしたり、痛みを伴ったりすると
筋肉や関節を使って動いていることが良く分かります。
言わずもがな痛いのは、関節に力が入るときなのですが
どこの関節を使っているのかも体で理解できます。

今回気づいたことは
裸足やスリッパなど、ベタで歩くときは痛く
ヒールを履いて歩くとあまり痛くないこと。
そして、爪先立ちや階段を下りるときなどは激痛っ!

従って、ヒールなど傾斜があり過ぎる靴では
関節やじん帯を十分に使って歩いていないということが
体を通じて分かった訳です。

さて、前置きではないくらいの長い始まりでしたが
Locomoにはクラニオパシー・フットケアという
足首から先の骨(足根骨)と
歩くときに使うひざ下の筋肉をケアする施術があります。

地味~に骨を一つ一つ動かしていくのですが
隠れ人気の施術です。
足の3点アーチをつくり、外反母趾内反小趾
巻き爪、ムクミなどをケアします。

また、何度か整顔をされたことのあるお客様であれば
クラフットをするだけで、お顔が変わるのも分かられると思います。

捻挫しやすい、疲れやすい、むくみやすいなど
足のトラブルをお持ちの方は、クラフットもお勧めですyo。
 

本日から3連休の方もいらっしゃいますね。
怪我などなさいませんよう
楽しい連休をお過ごしくださいね♪


 

|

« 勝手に、春山考 | トップページ | 明菜ちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝手に、春山考 | トップページ | 明菜ちゃん »