« 声の大きいオンナ。 | トップページ | トゥ スプレッダー »

2012年1月31日 (火)

【乙一】失はれる物語

1201 短編好きなLocomoです。こんにちは。
 通勤や仕事の合間に読むのは、短編が丁度いい。

 乙さんは福岡県出身の作家さんで、初読みです。
 この本は、全体に切ないというか
 儚いというか、どうしようもないというか。
 (ああ、ボキャブラリーが足りないって、切ない)

題名となっている「失はれる物語」もそう。
事故にあって、残された感覚は右腕のみ。
意志を伝えるには、指を動かすのが
唯一つの方法。

その、真っ暗な世界で
彼が妻のためにとった究極の選択。

ワタクシには出来ない、孤独への埋没。
うう~、切ない。

他の4篇もなかなか。
映画にもなってるみたい。

    

|

« 声の大きいオンナ。 | トップページ | トゥ スプレッダー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 声の大きいオンナ。 | トップページ | トゥ スプレッダー »