« いわしのぬか炊き | トップページ | NHK 週間ブックレビュー »

2011年10月24日 (月)

最近の本

Photo_4 お洋服を購入しているお店の女の子と
 本の貸し借りをしているLocomoです。こんにちは。

 いつもサクサク読める東野圭吾さんの【プラチナデータ】。
 先が読めてしまったのがちょっと残念。
 あら~、ビックリの終わりにもかけたような。
 
富豪や政治家や官僚などを守るための
【プラチナデータ】ってのは、絶対あるだろうな。

最近読んだ本の感想を、サクサクと。
 
 

Photo_6 影法師 : 百田尚樹
 【永遠のゼロ】以来、よく読んでいる百田さん。 
 時代物。
 江戸時代は生まれた身分によって、一生が決まってしまう。
 男同士の友情と信頼。 百田作品に感じる、男らしさ。


Photo_7 輝く夜 : 百田尚樹
 クリスマスイヴの5つの奇跡。短編集。
 「泣ける」というので買ったけど、よく泣く私が泣けなかった(笑
 ほっこりするというところかな。
 女性向ゆえ、おっさん入ってるワタクシには不向きだったのかも。
 

Photo_8 カラスの親指 : 道尾秀介
 【向日葵の咲かない夏】以降、道尾さんもちょこちょこ読んでる。
 最後にどんでん返しが待つという、ワタクシが好きな傾向。
 ほほ~と思った後に、もう一つひっくり返る。心が温かくなる終わり方。
 フラストレーションのたまらない作品。お勧め。

 
Photo_18 ラットマン : 道尾秀介
 【向日葵~】の後読んだので、伏線ばかり気にしちゃって・・・。
 『ラットマン』とはねずみにも人間にも見える、心理学で使うイラストのこと。
 物事をどう捉えるのか、どう見るのか、または、どう見せるのか
 すべての物事において、同じだね。


Photo_12 流星ワゴン : 重松清
 初めて読んだ重松清さん。3つの、父と子のお話。
 ワタクシもその頃の父や母と同じ歳になったら
 今と違う考え方で、彼らを理解し、寄り添うことがことができるのだろう。
 夫婦、親子、友達など、その関係は、心の持ち方次第だな。
 

Photo_17 犯罪小説家 : 雫井脩介
 ワタクシのなかでは、グレーで不気味な雰囲気が漂う作品。
 集団自殺の心理を扱ったからなのか
 オノミツが変だからなのか、なんだか後味が悪い。
 やっぱり【犯人に告ぐ】がお勧め。


 
 
Photo_13 でっちあげ : 福田ますみ
 2003年に起きた「教師による体罰」と認定された、福岡での事件の真相。
 虚言壁と攻撃性のある両親がわが子を守るための抗議。
 学校、マスコミの報道、てきと~な診断を行う医師など実名で記載。
 両者の意見を聞いてさえいれば起きない報道被害。
 色々な恐ろしさあり。酷い話。
 
Photo_16 被差別部落の青春 : 角岡伸彦
 関西出身の被差別部落出身者とその周辺の人たち。
 北九州市出身のワタクシとしては、身近だった問題。
 小学校以降、学校でも勉強するけど、どうしても分からない。
 重いテーマだけれど、軽く明るく読める本。
 特に、歴史的解釈などには触れていないところも読みやすい。



 
 

|

« いわしのぬか炊き | トップページ | NHK 週間ブックレビュー »

コメント

本の紹介、うれしい。
参考になるよ~。
年末までに、会おうね。

投稿: あろは | 2011年10月24日 (月) 21:31

* あろはちゃん

いやん、久しぶりぶり~♪
今年中には会おう、会おう!

そうなの?本の紹介って退屈じゃない?
それに、ワタクシの書評でいいのかしら?
ブログにUPしている本は、どれもはずれではないもの。
面白くなさ過ぎたら載せないから。
内容すぐ忘れるけ、読んだらすぐに載せないけんね(笑)

投稿: Locomo | 2011年10月24日 (月) 21:42

わたしも本の紹介楽しみにしている
一人で~す

今私が中毒の様に読み漁っているのは
”下町ロケット”の池井戸潤”さんです。
もともと銀行マンだったらしく
銀行のお話も多いのですが、
めちゃくちゃ面白いです。
会社の後輩とハマッてます

池井戸本とくまもんにはまってます、私。

投稿: ぴんくのかえる | 2011年10月25日 (火) 20:36

* ぴんくのかえるさん

まぁ、ももちゃんまでありがとうございます。
「下町ロケット」は直木賞だったっけ?
WOWWOWでドラマ化されていました。(まだみてないけど)

本って、結構失敗するので、ワタクシもお客様から情報をいただいたりします。
次回は、本の話題でいきますか?

投稿: Locomo | 2011年10月25日 (火) 20:49

読む本の好みもわりと近いです。
だから今後の選書の参考にさせていただいてます。

重松清の「その日のまえに」は絶対に泣けます。
「でっちあげ」読まれたんですね。実在の人物の中に・・・

投稿: イヴ | 2011年10月28日 (金) 20:03

* イヴさん

まぁ、イヴさんもありがとうございます。
ブログ冥利に尽きます。

「その日のまえに」読んでみます。
「でっちあげ」のイヴさん情報、聞きたくてたまりませんよ。
何ヶ月か前に読んだので、記憶が乏しいですが。

イヴさんにオススメいただいていた「ゴールデンスランバー」
録画していたものをやっと見ました。
面白かった~♪
友情や信頼って、やっぱりいいですね。

投稿: Locomo | 2011年10月28日 (金) 22:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« いわしのぬか炊き | トップページ | NHK 週間ブックレビュー »